こちらの画像は、「名探偵コナン」において、関西弁を話す服部平次が、
工藤新一に反論する際におなじみのセリフ「せやかて工藤」という言葉は、
関西では本当に使われているのかという調査の結果です。

関西弁の「せやかて」は、標準語での
「とはいえ」や「でも」にあたる言葉です。
関西の方が工藤さんに反論する際は、よく「せやかて」を使うという調査結果でしたが、
そもそも身近に「工藤さん」がいないということも判明しました。

こういった漫画やアニメのセリフを
何気ない日常で耳にすると少し嬉しくなりますよね。