新一万円札のデザインのほとんどに赤丸がついています。ほぼ気に入らないそうですね。

プロとしてデザインしている人としては、それぞれの配置が気持ち悪く感じてしまうそうです。

それでもお札を作る際は偽造防止がまず優先されると思うので、こういうデザインになってしまうのは仕方ないのではないでしょうか。

お札のデザインに無駄なものがあるとは思いません。今回は特に、3種類のお札の見分けがつきやすいようなデザインになっています。

でもやっぱり慣れ親しんだ福沢諭吉ではなくなるのは、どこか寂しいですね。