自分のことをどう思っているか知りたいお客さんは、はっきり客だと言われているにもかかわらずそれを受け止めず、「好き」や「彼氏」と言ってくれるまで粘っています。

客と答えているのが照れ隠しか仕事上仕方なくとか思っているのでしょうか。

水商売のお客さんには、そういう人が多いように思います。疑似恋愛だと割り切ってほしいですよね。

自分は特別だと思いたい気持ちもわかりますが、所詮お店に来るお客さんなのです。冷静に出会った場所を考えましょう。