ショタくんが猫と楽しく遊んでいておじさんもその姿を優しく見守っていましたが、猫の飼い主の女性が現れると猫を家へと連れて帰ってしまいショタくんはちょっと寂しそうでした。

そんなショタくんの姿を見かねたおじさんが自ら猫耳を付けて猫に扮してショタくんと遊ぼうとする…。

おじさんに猫耳とはだいぶ無理がありますが、尊みが止まりませんね!相変わらずの謎の擬音語も最高ですが、おじさんもショタくんも尊すぎました。