「厚切り食パンを2分半焼いて、井の字に切ってバター塗ってまた2分半焼いて追いバター」というのが、鬼龍院さんのトーストの仕方だそうです。

その通りにやってみると、外はカリカリ中はしっとりするというので、やってみないわけにはいきませんね。

鬼龍院翔さんといえば、ゴールデンボンバーのすべての歌の作詞作曲をしているので、とんでもない印税だと思います。それを食パンのために使っているぐらい、食パンへの愛がすごい人です。

高級ジャムを買うところを週刊誌に撮られたこともありました。

美味しいジャムの紹介もしてほしいですね。