テングモウミウシは日本やインドネシア、フィリピン近海など温かい海に生息する生物です。

体長5ミリほどでとても小さいのですが、羽にも葉っぱにも見える緑の体が特徴的ですね。

藻から取り込んだ葉緑体で光合成ができるので、餌がなくても光合成でエネルギーを作り出して生き延びることができるそうです。

なんと光合成のおかげで半年も生存した例があるそうですよ。

見た目も可愛らしくて生存能力も高いなんて羨ましいですね。