普通の家庭で育った普通の子だから「親や先生に、ええ子に見られることだけが僕の取り柄」「今さらやし」と夢を諦めようとしています。

そんな子に対して友達は、「今さらじゃない」「自分の好きなことしていいのは今からや」と断言してくれました。

“普通の子”やからという理由で、やりたいことを諦めようとしていいわけがありません。そもそも“普通”とはなんなのか──。

「ええ子に見られることだけが自分の取り柄」と悟って生きている高校生。それを変えてくれるようなきっかけを、友達がくれるなんて恵まれています。

こういう繋がりを持った高校生や大学生が増えるといいですね。