タイヤと車体の間にペットボトルが挟まれている以外にも、ワイパーにお金が挟まれていたり、後ろの窓に張り紙がされていたり、いろいろな仕掛けがされることがあるそうです。

どれも異変に気づき車外に出させ、その隙に盗むということが共通しています。

でもこれらのことは、車に乗る前に車の周りを1週確認してから乗り込む、ということで未然に防ぐことができます。

教習所で習いましたよね。

盗難を防ぐだけでなく、子どもを巻き込む事故なども防げるので、車の周囲の確認は必ずやるべきです。