巨頭オというのは、ネットで流行った都市伝説の1つです。
「巨頭オ」という看板の先は廃村となっていて、そこで頭の大きな何かに気持ち悪い動きで追いかけられるという話です。

呟き主さん曰く、鹿児島県にある集落を抜けた先にこの看板があったみたいです。
でも、夜で暗かったですし、けもの道で車が入れなかったので、呟き主さんはこれ以上その看板の先に行くことはありませんでした。
とはいえ、見た感じは木や草むらが続いていたと思うそうです。

もしかしたらあの都市伝説の場所が実在していたかも…。
そう思うと、なんだかわくわくしますね。