自然の世界では子ヤギはお母さんのおっぱいから直飲みするのが普通ですが、飼育されている子ヤギにはバケツから豪快にミルクを飲む子もいる様ですね。耳を残して頭を丸々突っ込んで息が続く限りひたすら飲んでいます。浴びるほど飲むどころか溺れるほど飲むとはまさにこの状態のことですね。

ヤギを飼育している方によると、子ヤギはこういう飲み方をする子が結構いる様です。目や鼻の穴にミルクが入って痛くないんですかね?人間がミルクやお酒でこれをやると大惨事になりますからね。お酒好きの方はある種羨ましい飲み方かもしれません。