たくさんいるファンのみんなに、
何かしら理由を付けて無理やり「しーちゃん」というあだ名をつける、というもの。

アイドルだって忙しい中で、たくさんのファン相手に、
一人一人顔と名前を覚えるのはとても大変なことです。

それでも、間違えたり、忘れてしまうよりかは
同じあだ名をつけるとことで、
”認知されている”とファンが喜ぶならば、といった
彼女なりの配慮・サービス精神だと捉えましょうw

元AKB篠田麻里子がこの方法を本当に使っていたのかは
本当のところはわかりませんが、
もし本当だとしたらこれは本当に画期的な方法ですねw