「おかあさん ありがとう」の祝福と感謝の手紙ですが、直接渡すのは恥ずかしいという奥床しさと、その対象を平然と矢で射貫く猛々しさを持った娘さんですね。矢文なんてどこで覚えたのでしょうか、絵本やアニメの影響でしょうかね?いずれにせよ、この娘さんは両親にとって遅れてきた恋のキューピットなのは間違いなさそうです。

弓矢は100均の玩具だそうで射られても怪我はしないでしょうが、人に向けるのは良くないのでこれからはちゃんと手紙を手渡しでくれる様に教えてあげてほしいですね。