警察官や刑事など、それぞれの職業に就いた経験のある方以外にとって、それぞれの職業についてドラマや映画などのイメージが強い方も多いかと思います。ドラマなどでは頻繁に使用しているイメージのある警察特権の一つである銃についても、実際の警察官にとって銃を発砲するという機会に遭遇することは極めて稀であるため、いざ使用しなければいけない場面となった際に、とてつもない緊張感や重圧をもっているというものだったようです。

ドラマや映画のイメージで華麗に銃を使いこなしてしまうと思いがちですが、日本国内のリアルな警察官との実情は全く正反対のものだったとわかりますね。