マラソン大会では決められたコースをどれだけ速いタイムで完走するかによって優勝が決められます。
しかし誤ったコースを走ってしまうと失格になってしまい、どれだけ速いタイムでも意味がありません。
誘導ミスによって小学生263人中262人が失格になってしまったみたいですがこれはかわいそうですね。

最後の児童の後ろには係員が付いていたみたいでそれによって正しいコースを走り、完走し、優勝したみたいですね。
まさかこれだけの人数が誘導ミスされるとは思わないですし、最後の児童も自分が優勝とは思わなかったでしょうね。