「人件費をケチれば、そのせいでトラブルや損害を被ることがある」
「金払いが良ければ従業員はよく働くから、金で解決するなら安いもの」
近年労働者を物のように扱うブラックな経営者に、ぜひとも聞いてほしい名言ですね。
ですが、社長さんの顔が悪党顔で、なんだか悪役のセリフを聞いているみたいですw

ちなみに社長さんはこの補足として、「自分の会社もリーマン時には解雇をした。ただ大幅に人員を削減すると好景気の時に復活できないから、必要な人には給料を渡して残ってもらうようにした。ツラい時にお金を使えるのが経営者の手腕」とも語っていました。

ブラックな経営者には、労働者にお金を払うことがどういうことか、1度考えてほしいものですね。