主人公が向かった先は、冒頭で世話を押し付けられていた女の子が通う保育園!
数日のうちに、主人公は女の子を溺愛するようになったんですねw
最初は主人公に怯えていた女の子も、「いっくん」と呼ぶほどに懐いています。

そして女の子から主人公に四葉のクローバーのプレゼント…。
「幸せになれますように!」とピュアの塊を吹き付けられて、主人公は完全ノックアウト…w
やっぱり、「かわいいは正義」なんですねw
読んでるこちらも和む、素敵な話でした。