農業高校を舞台に、農業に青春をかける農業高校生たちの日常を描いた「農業系学園ラブコメディー」として知られている人気ライトノベル「のうりん」。今回注目されていたのは、「のうりん」のほかに、将棋の世界を描いた「りゅうおうのおしごと」などの著者である白鳥士郎氏が「のうりん」の後書きに記した自身の祖父との思い出が、たった3ページしかないにもかかわらず、涙なしでは読めないと話題になっていたようでした。

白鳥さんと可愛がって育ててくれたお祖父さまとの確執、そして愛情に思わず涙がこぼれてしまうお話でしたね。