見事なトサカを見せびらかす見慣れない奴に挨拶がてらに絡んでいきますが、完全に無視されています。痺れを切らしてついばみ始めますが、硬くてビクともしません。他の雄鶏も何だこいつと珍しそうに寄ってきていますね。当然ながら赤いだけのバルブハンドルですから動きません。

この様子を見るに雄鶏にとってのトサカって本当に重要なモノなんだなってのがよくわかりますね。ここまで単純なら逆に雌鶏に好かれるバルブハンドルも出てくるかもしれません。