室内で飼われている犬は、なかなか他の犬や飼い主以外の人と触れ合う機会が少なく、人見知りで内向的な傾向にあるそうです。反対に、室外で飼われた犬はおっとりとしていて、物怖じしない性格に育つケースが多いと言われています。
また、オスとメスでも性格はかなり違うようです。
事情がある場合は別ですが、どんな動物でも飼うと決めたら、途中で投げ出さずに最期まで動物たちに愛情を与えて一緒に過ごしていきたいですね。