「魔女」と言うと、現代では女性の印象が強いですが、近世のヨーロッパでは男性も魔女の疑いをかけられていたことがあるようです。
また、日本では明治時代には数多くの文学作品に魔女が輸入されており、芥川龍之介などの文豪の多くも「魔女」をテーマにしたが作品を数多く描いています。
今回は魔女ではない人間が、研究対象である「魔女」を育ているという思いがけない設定でしたが、母親の子供に対する愛情はどんな形であれ同じなのだと感動する物語でした。