顔のパーツそれぞれにいろんなパターンのものを描き、それにそれぞれ番号付けをし、各パーツを隠して友だちに番号を選んでもらい、どんな顔ができあがるかを楽しむゲーム。小学生の頃を思い出す懐かしいゲームですが、名前がわからない‥このゲームがわかる人はどれくらいいるんでしょうか?

きせかえゲーム、モンタージュゲームといったしっかりとイメージができる名前から、番号のやつという、ざっくりとした呼び方、ただ、あれやろう!というだけで理解できたという人まで。意外と多くの人を楽しませてくれた遊びなんですね。わたしはこれと、作文ゲームをよく組み合わせて遊んでいました。