何がなんでも我が道をを貫くおじいさん家のネコ、姐さん。その名の通り強さとかっこよさから、家族みんながひれ伏し、憧れる存在なんです。そんな姐さんのこの冬の日課はコタツで眠ること。コタツ布団と一体化するので、みんなは姐さんを気遣いながら歩いているというのに‥

姐さんはさすが我が道を貫き、一緒に暮らすツーさんを踏みつけ、眠っているおじいさんに全体重を乗せ‥それでも家族全員姐さんの魅力にメロメロ。ツーさんにとってはいつまでも憧れの存在のようです。