権利関係は非常に問題になりやすく会社同士でもめるといったことはざらにあることと言えます。
しかし気付かないうちに相手の権利を侵害してしまっているといったことがあり、そこで話し合いが設けられることもあります。
任天堂がバンダイの権利を侵害したとして謝罪と金額が入っていない小切手を差し出したみたいですが0と書いて返すバンダイはかっこいいですね。

何の権利を侵害したかはわかりませんが本来ならかなりの金額を損害賠償請求されてもおかしくないです。
普段の付き合いや相手の態度でこうしたのかもしれませんがなかなかないレアケースかもしれませんね。