特許権の侵害については様々な所で問題になることが多く、それにより訴えるあるいは訴えられることが多いです。
任天堂としてもコロプラに特許権を侵害されたとして44億円の損害賠償請求をしていますがなぜ44億円なのか疑問に思った人もいるかと思います。
これを見れば明らかですがきちんと計算したうえでこの額を請求しているようで任天堂法務部の怖さがわかりますね。

2016年度当期利益から来期予想して赤字転落が予想される額を相手に請求する部分がさすがといったところですね。
それだけ特許権を侵害されるということはその会社にとって痛い部分ということがわかりますね。