何枚もの絵を書き、その絵の中のイラストを動かすことによって、まるで絵の中のキャラクターやイラストが生きているかのように見せるアニメーション。お話の脚本や、アニメーションを取り仕切る監督など、それぞれにアニメーション制作を支える役割がありますが、その中でもなくてはならないのがアニメーターです。決まったポーズのキャラクターを、はじめと終わりが無理なくつながるように絵を描いていくアニメーターは相当に技術が居る職業だということ分かりますね。

アニメーションを制作するうえで欠かせないアニメーターの仕事は、こんなにも大変なものだったんですね。