完全に『カイジ』に出てくる仮装通貨のペリカですね。カイジは借金を強制的に返す為に地下施設に監禁され、そこで無理矢理労働させられるのですが、働いたお金は現金ではなくペリカで支払われます。ペリカは現実世界の1/10の価値しかないのでカイジはギャンブルをするという筋書きです。
カイジと違って借金があるわけでもないのでお年寄りに労働はさせませんが、施設内を歩くと100シードなど様々な特典を付けて健康促進を図っている様です。面白いのはそれで溜めた通貨をギャンブルやツアーなどで使える様にしたことですね。カイジでもギャンブルでペリカを増やしてビールや焼き鳥の趣向品と交換できたり、“一日外出券”などの夢の商品を交換できるのをウリにしていました。

お年寄りの体や頭を自ら動かさせるという点では非常に面白い試みだと思います。ただ、ギャンブルが絡むとお年寄り同士の喧嘩やSEEDをお金で売買する人が出てきそうな気がするのですが、それは大丈夫なんでしょうかね?