チューハイは、蒸留酒をソフトドリンクで割った低アルコール飲料としされており、もともとは、焼酎をプレーンな炭酸水で割ったもののことが言われていました。その中でも、最近人気を高めているストロング系チューハイですが、低アルコールな印象とは違い、そのアルコール量は36gとなっており、テキーラのショット約4杯分に相当するということが分かったようで、飲み過ぎによって依存症になってしまう可能性もあるとのことだったようです。

気軽に飲めるイメージのあるチューハイでしたが、商品によってはアルコール量が多いものもあるため、注意が必要ですね。