父と母と息子の三人家族が外出していた際、息子が疲れてしまったため、お父さんにおんぶをせがんでいます。その様子を見たお母さんが、自身とお父さんの幼いころの「おんぶ」にまつわるエピソードを懐かしんでいました。その様子をみた息子が、お母さんに「おんぶ」を譲ってあげ、初めは恥ずかしがっていたお母さんも、久しぶりのお父さんの「おんぶ」に、安心してつい眠ってしまったという、ほのぼのエピソードでした。

大人になってから誰かに「おんぶ」してもらう機会は中々無いだけに、こんな経験ができると嬉しいですね。