ショートパンツを着用する際に、そのサイズ感やこだわりのポイントなどが様々に違っていたようです。左図では、厚めの生地で作られたショートパンツに、サイズ感はわりとゆったりめになったもので、太ももとショートパンツの間に隙間が出来るものが好みということでした。右図では、薄めの生地で作られたショートパンツを、ピッタリの目のサイズ感で着用する履きこなし方が好みというものが好みというものだったようです。

一つのファッションアイテムでも、人によって着こなし方の好みなどが様々違ってとても興味深いですね。