昔から、どうでもいいことや細かなことが気になってしまう性格だった女の子。授業中に教師が書いた黒板の漢字の癖について、その理由まで考えてしまったり、友人のお弁当がいつも片側に寄ってしまっている原因を考えてしまったり、同級生の男の子の制服が、成長によって短くなってしまうことを危惧したりと、目につくものすべての原因や理由を考えてしまうというものでした。

他人が気にならないことでも、自分の中では目についてしまったり、あるいは原因を調べたくなったりしてしまうことがありますが、ここまで細かなことが気になるというのは興味深いですね。