現在日本で開催されている「マーベル展」は、日本初公開となる貴重な資料、衣裳や小道具など約200 点を通して紹介する大型展示となっています。こちらに展示されている精細な原画を描いたトラッド・ムーア氏のペンの握り方は、小指にペンを置き、人差し指・中指・薬指でペンをつつみ、その上に親指を添えるというものでした。通常のペンの握り方とは違い、変わっているように思える握り方です。

常人には考えられないほどの繊細な絵を描かれる方は、ペンの握り方からしても特別なものを持っているのかもしれませんね。