前者には、自身をスマートフォンで撮影した「自撮り」の画像が、後者には他人から撮影した「他撮り」の画像がそれぞれ比較されています。「自撮り」画像は、スマートフォンの写真加工アプリを使用し、写真が加工されたもののようです。一方「他撮り」では、他者からカメラを向けられていることに気付かない状況で撮影された写真のようでした。

「自撮り」では撮影のタイミングに合わせて写真に写るために表情を調整できますが、「他撮り」で、しかも気付かないタイミングに撮られた写真だと、大体の人は普段よりも悪い印象の写真になってしまうことが多いとも思えますね。