いかがでしたでしょうか?もちろん、真似して流されてはいけませんので、自己責任となりますが、観客席もここまで水に浸かってしまってはこういうこともしたくなってしまうかもしれませんね。

とはいえ、ものすごい水の量ですよね。横にはけていくこともなく、観客席のギリギリのところまで水位が上がっており、がっつりと浸かっている人も多くいらっしゃいます。そして、落ち込むのではなく、こういった風に最後まで楽しもうとするところも面白いですよね。