お年玉の金額が少ないと相手にがっかりされてしまったり、自分の評価を落としてしまったりする場合があります。
かといって年末年始は何かとお金がかかってしまって懐事情が厳しい場合があると思います。
そんな時はお年玉の金額ではなくお年玉袋にこだわってみるのもいいかもしれませんw

2016年に流行った逃げ恥、ピコ太郎、君の名はをモチーフにしたお年玉袋なら笑って許してくれるかもしれませんね。
貰う側は金額に不満を持たずに貰えること自体に感謝の気持ちを持つようにしましょう。