話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

貸本少女漫画雑誌の読者イラストコーナーの寸評が鬼!でもかなり上達できそう!

とある貸本少女漫画雑誌の読者イラストコーナーの寸評が鬼だと話題になっています。どのような点が「鬼」なのかよくよく読んでみますと、かなり的確な指摘ですがオブラートに包むことなく端的に改善点を書き記されています。打たれ弱かったり、褒められて伸びるタイプの人だとこれは辛すぎますが、そうでもなく、本気の指摘が欲しいと思っている方にとっては凄く勉強になると思います。

読者イラスト

竹熊健太郎《地球人》のアイコン
竹熊健太郎《地球人》
@kentaro666

一時期話題になった、貸本少女漫画雑誌の読者イラストコーナーの寸評が鬼。

貸本少女漫画雑誌の読者イラストコーナーの寸評が鬼!でもかなり上達できそう!

少女漫画への反応

ワイワイ(バカ)のアイコン
ワイワイ(バカ) @8CMHVkfclIFoQgj

左下の牧野さんって今の松本零士先生の奥さんですかね?

2021-06-28 10時10分
花泉阿弥のアイコン
花泉阿弥 @hanaizumiami

ほぼ全員に厳しい返しだから、みんな一緒って案外ヘタレない。

2021-06-28 09時35分
こうじinS市杜王町(光司&ミャマロ)福島安全! 反儒教のアイコン
こうじinS市杜王町(光司&ミャマロ)福島安全! 反儒教 @toraneko_maron

おばさん、お嬢さん?とか書いているけど。かわいいおばさん描いたら駄目なのでしょうか?

2021-06-28 09時11分
三木一郎のアイコン
三木一郎 @zarahadoko

鬼や…。

2021-06-28 00時18分
もにゅのアイコン
もにゅ @monyu_nato

流石に三○徹はいなかったかw

2021-06-27 23時25分
まるぺ総務課のアイコン
まるぺ総務課 @JXOHS1Q4vW5aeBK

ここは、三峯徹画伯のお出ましを願いたいところw

2021-06-27 22時59分
のうくりおじさん@6月でアカウント移行しますのアイコン
のうくりおじさん@6月でアカウント移行します @noukuli_ojisan2

全員ルリ子って名前たろ

2021-06-27 21時08分
ヒロ福平のアイコン
ヒロ福平 @6K36zKeYDgTSNGA

勝手な想像ですが、 貸本の時代だと、簡単に漫画でご飯が食べていける訳ではなかっただろうから、子供達に「漫画の世界は厳しいのよ!」と、親心として、釘を刺したかったのだと思うのですが、どうでしょうか?

2021-06-27 20時37分
わっきぃのアイコン
わっきぃ @wakkiwakkie

かなりの辛口ですね…。

2021-06-27 19時52分
廃兵院のアイコン
廃兵院 @drymayo

人見勇喜子さん、漫画家の有里紅良さん(本名:伊藤勇喜子)かもしれませんね。

2021-06-27 19時19分
NAOTANのアイコン
NAOTAN @godzilla_no_te

しかも、すべて実名。

2021-06-27 18時50分
medal japanのアイコン
medal japan @nisephine

これ読んだら描いた人はへこむだろうなぁと思うけど、一つ一つの寸評で書いてある事は当たってるという哀しい事実…。(^_^;)

2021-06-27 18時22分
N・ジョン・ドゥのアイコン
N・ジョン・ドゥ @tron1201

まるで富野由悠季みたいな大人げなさですね

2021-06-27 18時12分
ベルりん@弁えろとは言わせないのアイコン
ベルりん@弁えろとは言わせない @belzedaro

鬼なのと同時に、この時代の作家さんがどれだけ神経張り詰めて描くことを求められていたのかが垣間見えるような感覚…🙄

2021-06-28 10時02分
ふじわらたくろうのアイコン
ふじわらたくろう @fujiwaratakuro

コレぐらいの方が楽しいけどな

2021-06-28 09時36分
あのねのねねねのアイコン
あのねのねねね @anoneno_nene_ne

辛辣だ〜(^^;)

2021-06-28 09時16分
スタンのアイコン
スタン @Shibilebire

厳しいけど的確ではある。何名か「生まれ直してこい」レベルのこと言われてるが

2021-06-28 09時10分

褒められたいなら褒めてくれる人の所へ行くのが良いですよね。
しかし、そうではなくて「本気で自分のイラストを良くしたい、改善したい、悪いところがあれば言ってほしい」と心底思っていらっしゃる方にとってはこの手の指摘が凄く嬉しいのではないでしょうか。
素直な人、負けず嫌いの人はグングン伸びていくパターンですね!

というよりも、この時数の寸評でオブラートに包んでいては肝心の改善点が全く伝えられずに終わってしまいます。
端的に的を得たアドバイスができるなんて、やはりプロは違います。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード