リアルに刀剣乱舞の世界を見れる展覧会が京都で開催されるwww

今年話題になったゲームと言えば日本の名刀を擬人化した”刀剣乱舞”ですが、そんな”刀剣乱舞”のキャラクターのモデルになったものを含む、名刀の展覧会が京都国立博物館で開催されます。ちなみに音声ガイドを”刀剣乱舞”の声優が務めることでも話題になっています

小吹隆文

@kobukitakafumi
京都国立博物館の「刀剣を楽しむ-名物刀を中心に-」会場風景。京博及び京都の古社寺が所蔵する名刀18口を展示。画像2点目と3点目は、源氏に代々伝わり、武家の棟梁の証とされた「髭切」と「膝丸」。揃って公開されるのは史上初。

2015-12-14 23時03分

京都国立博物館の「刀剣を楽しむ-名物刀を中心に-」会場風景。京博及び京都の古社寺が所蔵する名刀18口を展示。画像2点目と3点目は、源氏に代々伝わり、武家の棟梁の証とされた「髭切」と「膝丸」。揃って公開されるのは史上初。
リアルに刀剣乱舞の世界を見れる展覧会が京都で開催されるwww
改めて、京都の人って、古くからの伝統だけじゃなくて、今旬のものも貪欲に取り入れていくよね
確かに、京都はアピール上手よね、それはそれとして、擬人化されるとシンパシーもわくけど、照明の光に照らされる刀は危険な香りがするわ
そうだね、ゲームの世界とは違って、リアルな名刀ってやっぱり人を殺すための武器なんだって実感させられるよね
でも、そういう人を切るために研ぎ澄まされた名刀は、無駄なものが全部使える筋肉に変換された、アスリートの肉体みたいに美しいわ

この記事のライター

ピノ

書く仕事は好きなので頑張ります