緊張感がある場面ではなかなかその日に近づくことができないことが多く、当の本人も誰にも近づいてほしくないといったことがあります。
しかしウサイン・ボルトは緊迫した時でもスタッフに対して敬意を持っているのを和捨てておらずグータッチで接しているようですね。

これはスタッフにとってもスーパースターと接する貴重な場面ですし、嬉しい出来事と言えますね。
一流の選手はこういったときでも敬意を持って相手に接することを忘れていないようですね。