「腰洗い槽(洗体槽)」は、プールに入る前に画像のような、水槽に入るのですが、この水槽にはプールの250倍も濃い(50から100PPM)塩素(遊離残留塩素)が入っていたそうそうです。50から100PPMという濃度は汚れた手や指を瞬間的に殺菌できる濃さで、0.4PPMの濃度があれば遅くとも30秒以内に細菌は死滅するそうなんです!
なので、要は、体を殺菌していたようです。

ですが、いつの間にか、この腰洗い層は、なくなっていったようですよ!
腰洗い層は要らずとも、しっかり衛生管理もできるようになったと言うことでしょうね!