投稿者さんによると、これは北海道でよく見られる文化のようです。なるほど、確かに『お焼香が回って』いますね!
くるくる回転するわけではなく(笑)順番に自分のところへ回ってくるということですね。

今まで、順番に席を立ちお焼香にいくのが当たり前だと思っていたので、お焼香台が動くとは斬新!そしてすごくいいアイディアだと思いました。

例えばご高齢の方や足の不自由な方が、祭壇の前まで行くのが大変な場合でもこれなら座ったままお焼香ができますし、他の方もいろいろタイミングを見計らったり『どうぞお先に』『いえそちらが』なんてやり取りすることもなくなると思います。だって座っている順に回ってくるんですもん。なんて素晴らしい、合理的な文化でしょうか。全国的にこれが当たり前になればいいのに!と感じます。

他にも地域によって、お葬式やお通夜の際のローカルルールが色々あるようで、コメント欄を読んでいて驚かされることもありました。祭壇の前で集合写真を撮る地域もあるんですね…写真になにか写っていそうで怖い気もしてしまいます(苦笑)