なんだかダジャレが得意な人はラップもうまそうですね。

日常で言われても多分私はダジャレだと気づかなさそうです。
もはやギャグの域を超えて笑うより感心してしまいそうです。

元々、言葉遊びの「洒落」は知識と教養を示す気の利いたものであったけれどこれに価値を認めることのないカウンターカルチャーから揶揄を込めダジャレと呼ばれるようになり洒落の文化が失われるにつれ、それを文化に持たない若者からおやじギャグとも称されるようになったそうですが、ここまでくるとダジャレというより洒落とよんだほうがよさそうですね。