日常生活に支障が出るほどゲームに熱中してしまうのをゲーム依存症と言うそうですが、それをアップデートなどで半永久的にプレイできるからと結論付けるのは短絡的だと思います。

ゲームをアップデートするのは、不具合への対応やよりゲームを楽しんでもらうためで、依存症にするためではないです。

結局、依存症になる要因はゲームをしている本人の責任ではないでしょうか。それをゲームが悪いんだという風潮にしているメディアはおかしいと思いませんか?