遊戯王カードといえば一時期、一世を風靡していた超人気だったトレーディングカードゲームですが、現在は名古屋のカラスの世界で流行っているようです。

遊戯王のアニメで、キレた遊戯がひたすら、インセクター羽賀のライフがゼロになってもこれでもかこれでもかと攻撃し続ける名シーンがあるのですが、そこからオーバーキルという言葉が誕生しました。

都会のカラスは頭がいいといわれていますが、とうとう遊戯王カードで遊べるほど知能が発達してしまったようです。