刀は扱い方を間違うと怪我にも繋がるので、抜刀の仕方、構え方、柄の握り方、切り方等、基礎的な事をしっかり学んだ上で取り扱うようにしてください。

「脳天から滝割り」という言葉があるように、刀は人間の胴体くらいなら一刀両断してしまうくらいの破壊力があります。絶対に面白半分で扱わないようにしてください。

また刀を家に保存している方は、ほったらかしにしてると錆びてしまうので十分にケアを行うようにしてください。