両者の交渉が決裂した場合、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)からスパイダーマンが離脱することになるかもしれません。
原因となったのはディズニー側がロイヤルティの半分を要求し、ソニー側が拒否しているためとなっています。
この大人の事情一覧表を見てもわかる通り、権利についてはいろいろと複雑な大人の事情があるようですね。

権利や利益で揉めることは企業同士ではあり得ることですがソニー側としてはこの条件を飲むことは難しそうですね。