カエルののどのふくらみは、鳴嚢(めいのう)というらしく、大部分のオスのカエルが持つ柔らかな皮膚の膜(鳴き袋)なんだそうです。鳴嚢の役割として、メスを誘うときに鳴き声を増幅させるのに利用されるそうなんですが、今回はどのような経緯でケンカに至ったのかはわかりません。在や発達状況は、多くの種において、外見でその性別を判別する方法の一つであるとのこよだそうですよ。その袋は口腔の中央で接触するまで膨らんで、1つの大きな空洞を形成して、それが完全に発達するまで成長し続けるのだそうです。