東京や大阪などいつの間にかエスカレーターに乗る時に右側もしくは左側を空けることが暗黙のルールとなっています。
しかしこれは本来の乗り方ではなく、基本的にエスカレーターの両側に止まって乗るのが本来の正しい乗り方です。
止まって乗る理由として安全や効率的な部分があり、かつ怪我をされている人などが手すりにつかまって乗れるためみたいですね。

もし急いでいる場合は階段を使った方がよく、安全面などを考慮した場合、エスカレーターは止まって乗った方がいいですね。