アイドルをプロデュースする立場ならではの視点ですよね。

つんくさんを真剣に見ていれば自分の出番が増えるかもしれないと思って真剣な眼差しを向けるアイドルに気がついているのもさすがです。

しかし、その眼差しが変わったことに気がつくのもさすがです。

気持ちがこっちを向いてないとは、鋭いですよね。

アイドルとしての出番より、彼氏といたいという気持ちを表す言葉も、アイドルをよく知っているつんくさんならではです。

まさに名プロデューサーです。