感電している人に触れてしまうと自分も感電してしまう恐れがあるためむやみに触れるのは危険です。
そのため感電している人を救出する場合には適切な対応と言うものが存在するみたいです。
ただそれが感電している人にドロップキックをくらわせるといったとんでもない方法みたいですねw

確かにこれなら自分が感電することはないですがドロップキックをされた方は二回痛い目に遭うことになりますね。
ただ感電し続けるよりもましとも言えますね。