コンサートやライブで、客席に向かってポーズをとってくれることや
目を合わせてくれるといった、ファンへの行為のことを「ファンサ」と呼びます。

大勢の客のいるコンサートにおいては、よく
「ファンサは勘違いした者勝ち」というように言われます。

しかし、今回国民的人気ジャニーズグループの二宮さんが
自分は目を合わせているという発言をしたことにより
ファンサは必ずしも勘違いではなく、
客席をしっかりと見てくれているアーティストもいるということがわかりました。

憧れのアーティストに思いを届けるために
うちわを作ることや、熱い視線を送る行為は
無駄ではないかもしれません。