男性が妊婦スーツを着ても、ただ重りがお腹についただけという動きしかしません。そんな男性にすぐさまアドバイスする助産師さんが、言葉をまろやかにしながら的確に指摘してくれました。

助産師さんは赤ちゃんのためにでもありますが、奥さんを労わることができるように教えてくれています。

妊娠という経験は女性にしかできません。しかし妊娠を通して変わることは男性にもできます。いつも以上に奥さんを大事にできる男性が、きっと子どもにも優しくできるのだと思います。